×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

In Flames -----

CLAYMAN

01.
Bullet Ride
4:42
02.
Pinball Map
4:07
03.
Only For The Weak
4:54
04.
As The Future Repeats Today
3:27
05.
Square Nothing
3:57
06.
Clayman
3:28
07.
Satellites And Astronauts
5:00
08.
Brush The Dust Away
3:16
09.
Swim
3:13
10.
Suburban Me
3:35
11.
Another Day In Quicksand
スウェーデンのメロディック・デス・メタルの魔神IN FLAMESの2000年の作品『Clayman』
デビューして以来、
ずっとメンバー・チェンジが絶えなかった彼らだが、
今作はバンド史上初めて2作連続で同一ラインナップにより制作されたアルバム!!
1本調子になりやすいデス・メタルにおいて、
ココまで豊かな表現をしているバンドはIN FLAMES位の物ではないだろうか?
前作の『COLONY』で、とてもキャッチーな楽曲を沢山披露したが、
今作では、どちらかと言うと原点に近いサウンドを披露している…が、
ボーカルのアンダース・フリーデンの表現力が進化したことによるプラス要素が大きい!!

楽曲は@曲目から今までのアルバム同様に責めてくる!!
AやEKなども聴き込むにつれて悶絶物になっていくだろう!!
最強なのはI!!
ARCH ENEMYのクリストファー・アモットがソロを弾くこの曲のメロディーと言ったら…

このアルバムから”聴き込むイン・フレイムス”がはじまったと自分は思うが、
世間的に印象が薄い…と言われているのは少し悲しい…
IN FLAMESに駄作無し!!!!!