×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SENTENCED-----

Crimson

01 : Bleed in my arms
02 : Home in despair
03 : Fragile
04 : No more beating as one
05 : Broken
06 : Killing me killing you
07 : Dead moon rising
08 : The river
09 : One more day
10 : With bitterness and joy
11 : My slowing heart

フィンランドのメランコリック・メタル『SENTENCED』の2000年の作品!!
SENTENCEDのヴァレ・レイヒアラがボーカルの時代では人気のある作品で、
このアルバムを最高傑作という人も多いほど…
私はこのアルバムから最後の作品までは本当に素晴らしいと思っていますが、
この作品に関しては結構単調になりがちだったり…
ですが、
それらを大ヒットした曲『Killing Me Killing You』で全て吹き飛ばしてくれます!!
この悲しさ…
このバンドのどこまでも深い哀愁の出何処は一体何処なのか?

@から扇情的なギターメロディで始まり、
まるで感情が無いような歌い方で歌う曲が続き
究極のEへ!!
寒さが伝わってくる

フィンランドのバンドはお国柄でこのような曲が作れるのだろうか?