METALLICA-----------

S&M

ディスク: 2

ディスク: 1
1.Ecstasy of Gold
2.Call of Ktulu
3.Master of Puppets
4.Of Wolf and Man
5.Thing That Should Not Be
6.Fuel
7.Memory Remains
8.No Leaf Clover
9.Hero of the Day
10.Devil's Dance
11.Bleeding Me

ディスク: 2

1.Nothing Else Matters
2.Until It Sleeps
3.For Whom the Bell Tolls
4._Human
5.Wherever I May Roam
6.Outlaw Torn
7.Sad But True
8.One
9.Enter Sandman
10.Battery

1999年4月に行われた
NOTHING ELSE MATTERSを手掛けたマイケル・ケイメン率いる
サンフランシスコ・シンフォニー・オーケストラとのジョイントライブ!!
両者が時にせめぎあい、時に融合する…
コレはジョイントと言うよりメタルとクラシックの激突と考えるべきであろう!!
メタリカの名曲陣がクラシックを織り交ぜても違和感無く演奏されている…
そして何より、その激しさが通常のメタリカのライブ以上の激しさを見せてくれている気さえする…

余談だが、
実際、当のマイケル・ケイメンはNOTHING ELSE MATTERSを手掛けた後に…
メタリカとこういったジョイントライブをすぐやるであろうと思っていたらしく、それが叶ったのは8年後!!
メタリカサイドの突然の思い付きだったらしい…

そしてこのライブでの曲アレンジはどれをとっても素晴らしい…
DISC1の後半はだれる気もしなくも無いが、
まず@曲目はメタリカのライブと言えばの
エクスタシー・オブ・ゴールドをオーケストラが演奏している!!
そして注目はA曲目!!
なんとなんとTHE CALL OF CTULLではないか!?
コレが演奏されて事なんて数えるほどしかない曲なのに、ファンにはたまらない選曲!!!!!
そしてBのMASTER OF PUPPETSだ!!!!!
注目はこの辺だろう!!
DISC2はメタリカ名曲目白押し!!
ファンにとってはこちらの方が好きな人が多いだろう!!
この中でもG曲目のONEのアレンジはこのライブの中でも最高の出来!!美しすぎ激しすぎ!!
そして完璧!!

一夜限りの奇跡を聞き逃すな!!!!!