Judas Priest-----

Sad Wings of Destiny

1. Victim of Changes
2. Ripper
3. Dreamer Deceiver
4. Deceiver
5. Prelude
6. Tyrant
7. Genocide
8. Epitaph
9. Island of Domination
1976年のJudas Priest入魂の2nd!!!!!
彼ら自身も「コレが本当のデビューアルバムだ」と語っている通り、
ブリティッシュ・ハードロックとしての質が非常に高く、
名曲が大量に挿入されている!!
放題の『運命の翼』と言うタイトルもそうだが…
Judas Priest史上、最も美しいジャケットに彩られたアルバムは
今とは音楽性はかけ離れているものの
この頃から何か他とは違うパワーを秘めていたのだと感じさせられる!!

今でもライブの定番の@やA
そして感動的でロブ・ハルフォードの魅力全開のB
DとEの続く辺りなど最高!!!!!

ハッキリ言うと、まだヘヴィ・メタルではないが、
ブリティッシュ・ハードロックの時代の名盤!!!!!
これは抑えておいてもいいはず!!
1