×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MANOWAR----------

The Triumph of Steel

1. Achilles, Agony, and Ecstasy in Eight Parts: Prelude/Hector Storms the
2. Metal Warriors
3. Ride the Dragon
4. Spirit Horse of the Cherokee
5. Burning
6. Power of Thy Sword
7. Demon's Whip
8. Master of the Wind
1992年に発売された作品!!
前作で『メタルの王』と名乗ったMANOWAR!!
そして今作ではしょっぱなから26分にも及ぶ大作組曲に挑戦した!!
だが問題もある…
バンド創設から一緒だったギターのロス・ザ・ボスが去り、
さらにドラムのスコットまで家庭の事情で離脱してしまう
しかし、ドラムの交代には劇的な物語が残った!!
スコットから愛用のドラムセットを贈られた後任のライノが感極まり、
自らのドラムセットに火を放ち残した言葉がこの言葉だ!!
『俺は自分の過去を燃やした!!俺には過去はない!!あるのはマノウォーのメンバーとしての未来だけだ!!』
素晴らしいバンドへの愛!!
しかし最大の問題は4年後にはスコットが戻ってきたことだ…

@は長すぎるため印象には残りにくいが、
Aなどサビで「ヘヴィ・メタル!!」と叫ぶのは最高!!
Cなどは今までのMANOWARらしい曲
GはMANOWAR史上最高のバラード作!!

マノウォーが生きてきた証たる作品であることには違いない!!