×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DREAMLAND-----poziさんレビュー

FUTURE'S CALLING

影の立役者でおなじみpoziさんレビュー

01.THE CHANCE(INTRO)
02.HEARTS LIKE LIONS
03.A NEW WAY 04.BREAKING THE CHAINS
05.DESTINY
06.IDIE SLOWLY
07.FADE AWAY
08.ALL FOR ONE
09.DREAMLAND
10.FUTURE'S CALLING
11.BLANK MIND
12.A NEW DIMENSION
13.REPEATING SUPREMACY(OUTRO)
14.MASQUERADE

店頭で本作を見た瞬間なにも気にすることなく即レジに向かっていました。現在(2006年6月)
自分の持っているアルバムの中で一番ジャケットが気に入っているアルバムです。

スウェーデンで結成されたバンドのデビューアルバム。
まずバンドの中心人物である ヨアヒム・ランドバーグなる人物。
彼は知る人ぞ知るDREAM EVILのヴォーカル、 二クラス・イスフェルドの後任になるハズだった人物である。
(結局二クラスが バンドに残ることになり話は流れた様子)

デビュー前にバンドがヨアヒム・カンス(HAMMERFALL)に将来性を見込まれ彼の前面バックアップ の元製作された本作。
楽曲もなかなかの粒ぞろいである。
全体的にはミドルテンポな楽曲が目立つ。 しかし」、いい感じに疾走する3、6、9や切ないバラードの7も見逃せない。
4はSTRATOVARIUSの KISS OF JUDASを彷彿させられる。
ボーナスである14も個人的には◎である。