×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

poziさんのライブレビュー

 フィンランドのヘビーメタルモンスター

2006年1月19日「STRATOVARIUS」ライブツアーIN名古屋ボトムライン

=セットリスト=
1.HUNTING HIGH AND LOW (from「INFINIT」)
2.SPEED OF LIGHT (from「EPISODE」)
3.KISS OF JUDAS (from「VISIONS」)
4.SOS (from「DESTENY」)
5.MANIAC DUNCE (from「STRATOVARIUS」)
6.DESTENY (from「DESTENY」)
7.AGAINST THE WIND (from「FOURCE DIMENTION」)
8.COMING HOME (from「VISIONS」)
9.UNITED(from「STRATOVARIUS」)
10.TWIRIGHT SYMPHONY(from「FOURCE DIMENTION」)
11.FATHER TIME (from「EPISODE」)
encore
12.PARADICEの一部 (from「VISIONS」)
13.FOREVER (from「EPISODE」)
14.EAGLE HEART (from「ELEMENT pt1」)
15.BLACK DIAMOND (from「VISIONS」)

*セットリストはあくまで自分の記憶です。ちゃんとしたモノは(多分)3月売りのB誌でレポートが
掲載されるハズなのでそちらで確認してください。あくまでリアルなモノにしたかったので、
ここではこのセットリストをあえて掲載します。あぁ〜、レポート見て全然違ってたらどうしよう。

-------------------------------------------------------------------------------------------

1月19日名古屋ボトムラインにて、ヨーロピアのヘビーメタルモンスター「STRATOVARIUS」の
名古屋公演が行われた。8月に発売された通算11作目のアルバム「STRATOVARIUS」が発売された。
数々の苦難を乗り越え原点回帰ともいうべきか、バンド名がそのままタイトルになった同作に
ともなうツアーだ。一昨年前までは、彼らのライブを見ることはもうないだろうと思っていただけに、
コーフンも倍増ってモノだった。
そんなコーフンも覚めぬうちにレポートを書きたかったがサボり癖が激しいので、
こんなに遅くなってしまいました。まあ、B誌より先に書けただけ良かったっス。

-------------------------------------------------------------------------------------------

2004年から2005年にかけてバンドは、悲劇とも言うべきメンバーの脱退話で苦難に立ち向かっていた。
同時期の自分も2005年1月に行われた「EUROPE」のジャパンツアーを、
仕事のため見に行けないという苦難に涙していた。同時期に苦難を共にした(!?)という変な共感を
いだきつつ、当日は仕事をそっちのけで会場に足を運んだモノだ。
前日にインフルエンザで倒れ、「またもライブはお預けか!」という悪夢がよぎったりもしたが
無事に彼らに会うことが出来て本当にウレシー限りでした。

前述のようにセットリストは、アルバムの曲よりもほぼ代表曲で構成されていました。これはメタリカの時も
そうだったが海外のアーティストは、アルバムを中心にセットリストを構成することは、ほぼありえないのだろう。
これは予想できたコトだったが、ライブに向けて新作を聞きまくった自分にとっては「ジャスト・キャリー・オン」や
「ジプシー・イン・ミー」なんかは入れてほしかった。
そんな中にも想定外というモノはあるんですね。あくまで自分の中でですが…。
まずはデステニィー。たしかにこれは彼らの代表曲といえるナンバーだろう。アルバムのタイトル曲であり、
ベスト盤にも入っている。しかし10分超える長さの曲をライブに持ってくるとは微塵にも思っていなかったので意外でした。
それからパラダイスも一部ではあるが、これは名盤であり名曲の多いアルバム、ヴィジョンズの中では埋もれた存在
だと思っていたので意外だ。自分の中ではベスト10に入るくらいお気に入りの曲なので、うれしい誤算なんですけどね。
あとは4thの「フォース〜」の曲。現メンバーになり、生まれ変わった彼らのアルバム「エピソード」からの曲が来ると
思っていたので、これも結構意外。逆に昔のメンバーの時の曲をやるのなら2ndに入っていた「ハンズ・オブ・タイム」や
ハロウィンの名曲を拝借しちゃったコトで有名な3rdに入っている「ウィー・アー・ザ・フューチャー」なんかも入れて
ほしかったですな。

しかし、彼らの演奏はマジでシビレルっス。大きな会場じゃないため整理番号はかなり遅かったが、場所はナント前から3列目!
もう彼らを余すところなくタンノーできやした。うひょーイェンスちゃんのキーボードが目の前に…。
あんまし大掛かりなセットではなくソロも少し控えめな印象があったが、目の前で見ると感動の一言。大ティモは……で、デケェ…。
でも自分の近くにほとんど来てくれなかった(ぐすん)。とはいえたまにイェンスちゃんの隣に来て彼とアツイバトルを繰り広げる姿には感動
しちゃった。ヨルグちゃんは奥の方でトコトコトコトコトコトコトコトコ…彼は人間ですか(!?)
そしてそして、新メンバー。前ベーシストのヤリちゃんはちょっと控えめなコだったようですが、
新ベーシストのラウリちゃんは動きまくりでしたよ。一生懸命アピールしてました。握手してもらっちゃった。
最後に小ティモはいい声してました。彼はホントいい男ですな。フィンランドでは小柄だといっても日本人と比べたら全然背高いし。
あれは目が合ったら男でもドキッとするわな。「いや〜、しかし小ティモとヨルグは脱退しなくてホントに良かったなぁ」と
つくづく思う今日この頃です。

彼らのライブを見るコトができて良かったです。またツアーを行ってくれることをいつも願うばかりです。
次があったら今度は最前列を狙うぞ〜。